運転って演劇と似てて好き

こんばんは、佐藤です。

今日は日曜日だったので、
母と一緒に少し遠いショッピングセンターに買い物に行ってきました。

母を買い物に誘ったら、

「運転してくれるなら行く」

とのこと。

二人で出かける時はいつもだいたい母が運転してくれているのですが、
今日は疲れていたらしく私が運転することになりました。

 

そういえば私の運転で母を乗せるのは久しぶりだなーと思いながら、
田舎の道を走って行きました。

そんな時にふと思ったのは、

「運転と演劇ってなんとなく似ているなぁ」

ということ。

運転って基本的にはというか8割ぐらいは、
目の前の車や周囲に意識を集中させてないといけませんが、
残りの2割ぐらいでは考え事をしていてもいいわけじゃないですか。

「景色綺麗だなー」

とか

「夕ご飯何にしようかなー」

とか。

あんまりその考え事の部分が大きくなると、
そこに気を取られて事故ったりするわけですけど、
基本的には誰でも2割ぐらいの頭で運転とは関係のないことを考えてますよね。

ここが演劇と似ているんですよ。

演劇をしている時って、
8割ぐらいは目の前の相手役や状況に集中して、
感情を動かしながら台詞を言ったり動いたりするんですけど、
残りの2割ぐらいの頭で、

「今日はテンポ速くなりすぎてるから抑えなきゃ」

とか、

「なんかお客さん誰てる気がするからもっと熱量上げよう!」

とか、

「あ、◯◯ちゃん(相手役)のアイラインずれてる」

とかを考えてるわけです。

これって運転してる時の状況と似てませんか??

私は運転がけっこう好きなんですが、
演劇と似ているところも運転が好きになった理由なのかなぁと思ったり。

いろいろなものの共通点が見つかると面白いですよね。

 

母親との買い物は、
服を買おうと思って行ったのに、
チラシに載っていたいい感じの服が実際に持ってみたらかなり重くて断念しました。

いくらあったかくても軽い方がいいですよね。

あそこまで重量感があるものはちょっと厳しかったです。

寒い時には厚着をするのがいいのかもしれませんが、
できれば暖かいかつ軽い服がいいなーと思います。

そうなるとやっぱりダウンとかなんだろうか・・・。

買い物に行ったのに結局何も買わないまま、
帰り道で遅すぎるお昼ご飯を食べて帰ってきました。

たまにはこんなお出掛けもいいよねと思いながら、
親子団欒を楽しむとある日曜日。

明日からまた演劇の稽古スタートです。

後輩も見学に来るとのことなので頑張らねばならない!!

それでは今日はこの辺で!!